写真データでiPhoneの容量が一杯。。そんな時は、ズバリ「共有アルバム」です!

ガジェット

iPhoneに写真を色々保存しているけど、容量がいっぱいになってしまって、これ以上保存できなくなってしまった。どうしよう。。。

最近のiPhoneのカメラってとても綺麗な写真が簡単に取れるので、ついついたくさん撮りすぎて、気がついたらデータ容量が一杯になってしまいますよね。

そんな時の対処法について紹介します。

ズバリ「共有アルバムに追加」でOKです。

iPhoneで写真を撮ると、通常は「写真」という所に自動的に保存されていきます。

当然この「写真」にある写真ファイルはiPhoneの容量を消費して保存されるので、

写真ファイルの量が多くなり、iPhoneのデータ容量が一杯になってしまうと、

それ以上の写真は保存出来なくなってしまいます。

すると普通の人は、「あ、データがいっぱいだ。不要な写真は消さなきゃ・・・」

となると思いますが、実は容量を気にせずに写真ファイルを保存できる方法があります。

それが「共有アルバム」です。

「共有アルバム」って何?

「共有アルバム」はiPhoneを使っている人なら誰でも利用できる、Appleの写真共有サービスの事です。

料金は無料で、データ容量の制限もありません。

で「共有アルバム」とは何かというと、元々は写真を他の人と共有するためのサービスです。

しかし、別に他の人と共有しないといけないわけではないので、大丈夫です。

「共有アルバム」の使い方

使い方は簡単です。

「写真」アプリで、古いorあまり見ない写真を選択

「共有」ボタンー「共有アルバムに追加」を選択

<共有ボタン>

「共有アルバム」ー「新規共有アルバム」を選択し、アルバム名を入力

「宛先」は無視して、「次へ」「投稿」ボタンを押す

たったこれだけです。簡単ですね。

あとは元の写真を消せばOK。写真は共有アルバムに残っているので、大丈夫です。

是非試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました