便利なタスク管理手法「タスクシュート」を始めて変わった事【たすくま】

未分類

仕事やプライベートでやることが一杯。どうにかやりこなす方法は無いかな?

仕事でおよそ五年間プロジェクトリーダーを任され非常に忙しい日々を過ごしつつ、子供二人の世話もこなす私、まんずのオススメの手法をご紹介します。

そもそも「タスクシュート」って何?

タスクシュートとは時間管理術の一つです。

詳しい説明はGoogle先生に任せるとして、要素を列挙すると以下の感じです。

  1. 全ての作業(タスク)を抽出する(どんな細かい、短時間のものも含める)
  2. 作業(タスク)時間を予測する(まずは大体でOK)
  3. 各作業完了時に実績時間を記録し、予測時間をアップデートする

これを繰り返すことで、1日が始まる前に、その終了時間が分かるようになります。

タスクシュートは何が良いの?

やり始めてすぐに気がつくこと、それは「当初の予想していた作業を全てこなせない」ということです。

最初はアレコレこなせると思っていても、実際に取り掛かってみると、思いのほか時間がかかることが分かります。

タスクシュートでは、それを各作業の予測時間の更新で反映させることで、予測時間の精度を向上させていきます。

その結果、1日にこなせる作業が明確になっていきます。

タスクシュートを取り入れた背景

  1. 仕事で製品開発のプロジェクトリーダーを任されるようになり、非常に忙しくなった。
  2. 子供が産まれ、家族のケアも必要になった。
  3. 上記二つを両立するために、効率的なタスク管理が必要と感じたため。

タスクシュートのメリット

タスクシュートを取り入れた場合の具体的なメリットは以下の通りです。

  1. 何もしていない無駄な時間が少なくなる(無くなる)
  2. 今やるべき事が明確になる
  3. 仕事やその他作業の終わり時間が明確になる
  4. 隙間時間が無くなり、時間を有効活用できる

 

 

タスクシュートのデメリット

一方のデメリットは、ただ一点。

いちいち管理するのがメンドクサイ、ということです。

その点、「たすくま」という便利なiPhoneアプリがあるので、それを使えば手軽に管理できます!

アプリの詳しい使い方は、別記事であらためて紹介したいと思います。

タスク管理は「タスクシュート」

タスク管理の手法として、「タスクシュート」は最も役立つツールとなります。

今後詳しい内容を紹介していくので、しばしお待ちくださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました